ツムラ87 六味丸(ロクミガン)の効果効能と副作用

ツムラ87 六味丸(ロクミガン)の効果効能

六味丸(ロクミガン)は、 地黄や山茱萸、山薬、茯苓、沢瀉、牡丹皮などの6種の生薬からできています。

主薬の地黄には貧血症状の改善に効果があり、山茱萸や山薬にも滋養強壮作用があり地黄との相乗効果でさらにその機能が高まります。

茯苓と沢瀉は水分循環をよくする成分が含まれます。

丹皮は行障害を改善し血のめぐりを良くする生薬と言われています。

ツムラから発売されている六味丸は6種類の成分が弱った体の機能を補い、おもに足腰の痛みや排尿異常などの下半身を中心にその効果が見込める漢方薬です。

具体的には、足腰の痛みやしびれ、夜間頻尿、性機能低下、乾燥肌のかゆみや湿疹などの改善を目的に用いられます。

成人は1日に7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間などの空腹時に飲みます。

お湯に溶かして飲んだ入り、水で飲みます。

食欲がなくなったり、吐き気を伴うときには食後でもよいと思います。

もし服用を続けても効果のないときは、医師と相談してみてください。

 

ツムラ87 六味丸(ロクミガン)の副作用

ツムラの六味丸(ロクミガン)の副作用には、胃の不快感、食欲の低下などの症状があります。

特に、六味丸にふくまれる成分でいちばん多く含まれている地黄の副作用で、食欲不振・胃痛・嘔吐・下痢・胃もたれ・胸焼け・吐き気・などの症状が出る事があるので、胃腸が丈夫でない人は別の薬で対応するのがよいでしょう。

他に、牡丹皮という生薬も入っていますが、これには子宮収縮抑制作用がありますから妊娠中には服用しない方が良いでしょう。