ツムラ82 桂枝人参湯(ケイシニンジントウ)の効果効能と副作用

ツムラ82 桂枝人参湯(ケイシニンジントウ)の効果効能

ツムラの桂枝人参湯(ケイシニンジントウ)は、胃腸の機能を高めたり、頭痛をおさえ心臓のドキドキ感をしずめる作用がある漢方薬です。

冷え性や顔色が悪い、虚弱体質な方に適しており、頭痛、動悸、慢性胃腸炎、胃アトニーなどの治療に使われます。

桂枝人参湯は胃腸に良いとされる5種類の生薬で構成されています。

健胃作用・発散作用があり、頭痛や動悸にも良いとされる「桂皮」、同じく健胃、利尿薬としも使われる「蒼朮」、滋養強壮作用のある「人参」、緩和作用のある「甘草」が配合されており、これらが組み合わさって体に働きかける事で、より良い効果を発揮します。

飲み方は、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用するとされており、顆粒をお湯で溶かしてゆっくり飲むようにします。

漢方薬なので重篤な副作用はありませんが、甘草が配合されているので、複数の方剤の長期併用時などは「偽アルドステロン症」という症状を引き起こす事もあるので注意が必要です。

 

ツムラ82 桂枝人参湯(ケイシニンジントウ)の副作用

ツムラの桂枝人参湯(ケイシニンジントウ)の主な副作用は、発疹や発赤、かゆみや蕁麻疹などの症状が現れる場合があります。

尿量が減少したり顔や手足がむくんだりこわばったりした場合は医師に相談する必要があります。

用法と用量を守って服用しなければなりません。

過去に薬によってアレルギー症状が現れたり、低カリウム症や妊娠中の方、他のクスリも服用している方の場合、薬の作用が強くなることもあるので、事前に医師に相談することが大切です。