痙攣(けいれん)・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

痙攣は自分の意志とは違って起りますが、気持ちのいいものではないですね。漢方薬なら改善も期待できそうです。

症状

痙攣は突然起ることが多く半日程度で治るときと、どんどんひどくなることもあります。特にぴくぴくと筋肉が動くような感じが、とてもストレスになる症状ではないでしょうか。痙攣が大きくなるともちろん危険な状態にもなります。また寝ていて足がつるのも痙攣の一つです。とても痛みがありますが、数分で戻ることが多いようです。

原因

痙攣の原因には、まず過度な運動による筋肉の使い過ぎということがあります。筋肉の疲労によって命令伝達に関する筋肉の中のカルシウムやマグネシウムのバランスが悪くなると、自分の意志と関係ない動きが起ります。また目の酷使によって目の回りの痙攣が起ります。高熱を出したときにも幼児などは特に痙攣を起こすことがありますが、手足に左右対称の激しい痙攣が起ると言われています。

また痙攣に関係する病気として、ウイルス性脳炎、破傷風、甲状腺機能低下、脳腫瘍、低カルシウム血漿、妊娠高血圧症候群、呼吸困難、テンカン、チック症、眼瞼麻痺などがあります。特に脳に損傷が起ると伝達に関する部分が乱れることから、自分の意志とはまったく違った痙攣を起こすこともあるのです。

効果的な漢方薬治療と対策

痙攣なら芍薬、甘草。テンカンには甘麦大棗湯、黄連湯 、甘麦大棗湯、九味檳榔湯、桂枝加竜骨牡蠣湯 、五苓散、柴胡加竜骨牡蛎湯、柴胡桂枝湯、四逆散 、小柴胡湯がおすすめです。