冷え性・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

夏でも寒い、体の芯が冷えている感じのある人は結構いるようです。代謝も落ちるので寒いだけではない影響もあります。漢方で冷え性をしっかり治したいものです。

症状

夏でもクーラーがかかっているところが多く、体が温まる暇もありません。しかし冷え性といっても寒いと言う感覚だけではありません。冷え性の人でも暑いときには暑いと感じます。そのため自分が冷え性だと分からない人もいるようです。いつも足の先や手先が冷たいなどの症状があることも。また体は冷え切っているため、ちょっとした寒さにも弱くなります。むくみが酷くなることもあり、体を中から温めるようにすると改善されます。

原因

冷え性の原因は代謝が落ちていると言えますが、逆に冷え性を治すと代謝もアップするというわけで、両者は深い関係があります。またクーラーなどの当たり過ぎも現代人の冷え性の原因になっているとのこと。またビタミン、ミネラルや炭水化物、タンパク質とカロリー全体がダイエットなどで低いときにも起ると言われています。また締め付けの強い下着などを着ていると、血流が悪くなって手先、つま先に血液が流れず冷え性になることも。

また女性ホルモンのバランスが悪くなると、血流が悪くなって冷え性になります。逆に冷え性であるとホルモンバランスを崩すという、この二つにも深い関係があります。従って更年期障害の人も注意が必要です。また貧血や低血圧症なども冷え性になります。

効果的な漢方薬治療と対策

貧血には当帰芍薬散、加味逍遙散。むくみには越脾加朮湯、麻黄、五苓散、六味丸、真武湯、胃苓湯。ホルモンバランスは桂枝茯苓丸、加味逍遙散、当帰芍薬散。低血圧には苓桂朮甘湯、柴胡桂枝乾姜湯、十全大補湯。冷え性には小青竜湯、六君子湯、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、帰脾湯、呉茱萸湯、葛根加朮附湯、牛車腎気丸、半夏白朮天麻湯、温経湯、安中散 、補陽還五湯、小建中湯などがおすすめです。