捻挫(ねんざ)・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

足の捻挫は特に足首が多いようです。女性などはハイヒールなどで捻挫をすることもあります。漢方で改善するにはどのようなものがあるのでしょう。

症状

捻挫はちょっとしたことで起ります。軽いものは一日程度で治りますが、ひどくなると靱帯を痛めて何日も治らないこともあるのです。痛みも息が止まるほどの痛みもあれば、いつまでも軽い痛みが続くことも。捻挫で内出血を起こしてアザができることもありますが、アザの大きさと捻挫のひどさは意外と比例しないこともあるようです。またひどいときには腫れ上がることもあります。

原因

要因はさまざまですが、原因は関節に無理な力が加わったことで起ります。靱帯が切れたり伸び切ったり痛むことも。また関節を包んでいる関節包が傷ついてしまうこともあるようです。足の捻挫では足首の関節が一番多く、膝の捻挫はスポーツなどによることが多くなります。またタンスの角などに思い切りぶつけてしまって、小指を捻挫したり骨を折ることも意外と多いとのこと。朝起きがけなど、ボーッとしたときにぶつけることが多いようです。

要因としてはまず転倒があります。転倒によって足首や手を付いたときには手首、またたまに肩の捻挫も。また軽度の靱帯損傷なら痛み、腫れ、皮下出血程度で済みます。靱帯を断裂してしまっても、アザが広くなり痛みもうずくようになりますが、強い痛みにならないことが多いようです。しかし靱帯が切れてしまうと、関節も不安定になり痛みも相当強くなります。スポーツの前の準備体操をしっかり行わないと、より起りやすいようです。

効果的な漢方薬治療と対策

打ち身捻挫なら川?・樸?・川骨・桂枝・丁子(丁香)・大黄・甘草がおすすめです。