水虫(白癬菌)・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

水虫はなかなか治らないため、病院に治療に通う人も結構いるようです。漢方でも効果のあるものはあるのでしょうか。

症状

足は水虫が起りやすい部分です。特に足の裏や足の指の間、そして足の爪などにできることがほとんどとのこと。痒みがひどくなると痛みにもなります。またいつまでもぐじゅぐじゅと湿っぽく、悪臭がすることもあるようです。他の部分にもうつるので注意しなければなりません。一時的に薬で良くなったり、股悪くなったり波がある場合も。

爪水虫は爪が厚ぼったくなり、色が黄色くなり爪は変形していきます。また、かかとはヒビ割れが起り、そこが痒くなり、水ぶくれができて潰れると痛みが出ることも。

原因

白癬菌が原因で靴を長く履いていると蒸れて、菌が増殖して水虫になると言われています。不潔にしていると水虫になると言われていますが、今は男女ともブーツを履く人が多く、蒸れて白癬菌が増殖しやすいとのこと。水虫の人の履いたスリッパなどからうつることもあります。また動物の毛に住む白癬菌もいるので、家の中で飼うペットがいる場合は水虫になりやすいとのことです。

効果的な漢方薬治療と対策

水虫には白虎人参湯、 十味敗毒湯、麻杏ヨク甘湯、荊ガイ連翹湯、当帰芍薬散、ヨクイニン湯
外用薬では華陀膏がおすすめです。