ツムラ75 四君子湯(シクンシトウ)の効果効能と副作用

ツムラ75 四君子湯(シクンシトウ)の効果効能

ツムラの四君子湯(シクンシトウ)は、胃の働きを活発にさせ、体の中の水分の停滞を改善させる作用があります。

元々胃腸が弱く虚弱体質の方に適した漢方薬で、胃もたれや吐き気、下痢、お腹の膨満感などの治療に用います。

四君子湯は胃腸に効果があるとされる6種類の生薬で構成されています。

無駄な水分を取り除く「蒼朮」と「茯苓」、滋養作用のある「人参」、健胃・食欲増進作用のある「生姜」、この生姜の刺激性を緩和させ、冷えを改善させる「大棗」、そして緩和作用のある「甘草」が配合されています。

これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。

成人の場合、1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に服用するようになっています。

飲み方は顆粒タイプなので、お湯に溶かしてゆったりとした気分で飲むようにします。

苦味が辛いと感じるなら、水で服用しても大丈夫です。

配合生薬に甘草が含まれているため、他の薬と長期併用すると浮腫みや血圧上昇を引き起こす場合があるので注意が必要です。

 

ツムラ75 四君子湯(シクンシトウ)の副作用

ツムラの四君子湯(シクンシトウ)は、胃腸の働きを良くし水分の停滞を改善する漢方薬で、痩せ型で疲れやすい人に向いています。

重い副作用はほとんどありませんが、四君子湯には甘草が含まれていますので、その働きによりむくみを生じたり、血圧が上がったり、力が入らないといった症状が発現することがあります。

ただ長期に渡って飲んだり、複数の漢方薬を併用したりすることで、甘草を大量に摂取した場合に起こりますので、あまり心配する必要はないでしょう。