ひび・あかぎれ・しもやけ(足)・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

昔は冬というと、ひび・あかぎれ・しもやけなどが子供たちの手足にはたくさんありました。特に手に出やすいようですが、本当に寒い地域では足にもできます。漢方での改善も考えてみましょう。

症状

皮膚表面に亀裂がたくさんできるのがひびです。また、ひびがひどくなると傷が深くなって炎症が起り、あかぎれになります。しかし、しもやけはこの2つとは違って、寒いと靴の中が冷たくなり皮膚が赤くなってしもやけ症状に。靴の中に雪が入ったりしたまま長時間履いているとしもやけになります。そんなときはすぐに温めることが一番の改善法です。

原因

原因は寒さだけでなく、最近は洗剤などの強い薬品によるかぶれからくる場合もあるのです。ひびやあかぎれは寒さのため肌が乾燥してヒビ割れますが、薬品によって皮脂分泌不足による乾燥になってしまうことで起ることもあります。足のあかぎれは、合わない洗濯洗剤で洗った靴下などを履いたときに起ることも。小さなひびが入ると、そこに細菌が入り炎症を起こすため、あかぎれになります。

しもやけの原因は末端血管に血液が届かなくなるために痒くなります。それから痛みとなり最終的には凍傷になると手足が壊死まで進むことに。しもやけは凍傷の最初の症状とも言えるのです。登山などでは足の指を凍傷でなくすこともあるほどです。

効果的な漢方薬治療と対策

塗り薬として紫雲膏がとても効果があると言われています。