肌あれ・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

肌荒れは女性にとってはとても困ったものです。特にメイクをする女性は肌が荒れていると最悪。さて漢方できれいになる方法はあるのでしょうか。

症状

肌荒れの症状はいろいろあります。カサカサで粉が吹いたようになることもあり、とても敏感肌になっているのでちょっとしたことにもかぶれたりすることも。また痒みがあり赤みや腫れが起ることもあります。他にニキビや吹き出物といった炎症が起ることなどさまざまです。また脂性によるテカリ、ベタつきなどが異常な肌もあり、皮脂分泌の異常が大きくかかわっていることもあります。

原因

肌荒れの原因はいろいろあり、一つは気温や湿度によるものがあります。特に冬は肌荒れになりやすいようですが、寒さと乾燥が汗や皮脂を減らしてしまい肌荒れが起るというもの。また肌のターンオーバー、つまり再生サイクルが乱れてしまうことで角質がボロボロになり、肌を守る機能も低下します。皮脂分泌も悪くなります。

ターンオーバーが乱れる原因はホルモンバランスの乱れなどでストレスや生理不順なども大きく関係しています。また女性の場合は更年期に女性ホルモンのエストロゲンが減ることから肌がガサガサしやすく、シワ、シミもできやすくなります。他に紫外線によって、肌細胞の中のコラーゲンなどの美容成分生成が抑制されてしまうため肌荒れが起ります。これは女性ホルモンの低下でも同じことガ言えそうです。

他に睡眠不足でもターンオーバーを崩してしまい、女性ホルモン分泌や代謝も低下させるので肌荒れがおこりやすくなります。食事もビタミン、ミネラル、タンパク質が不足すると肌荒れを招いてしまうので栄養のバランスはとても重要です。他に便秘も影響があり、間違ったスキンケアにも影響されます。冷え性も代謝を落としターンオーバーの原因になることも。

効果的な漢方薬治療と対策

冷え性を改善し、代謝を高めるのは小青竜湯、六君子湯、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、帰脾湯、呉茱萸湯、葛根加朮附湯、牛車腎気丸、半夏白朮天麻湯、温経湯、安中散 、補陽還五湯、小建中湯。便秘には桃核承気湯、大柴胡湯、加味逍遙散、補中益気湯、麻子仁丸、小建中湯、桂枝加芍薬湯。ニキビには当帰芍薬散、清上防風湯ホルモンバランスには桂枝茯苓丸、加味逍遙散、当帰芍薬散などがおすすめです。