日焼け・しみ・そばかす・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

夏になると日焼けはとても気になりますね。漢方で、しみやそばかすの改善ができると言われています。さて、どのような漢方があるのでしょう。

症状

日焼けは時間が長くなると、炎症がひどくなりヤケド状態になりヒリヒリと痛みを起こすこともあります。一般的には日焼けは1日程度で火照りは治まりますが、その後肌が黒みをおび、その後しみやそばかすが増えることも。1度しみができるとなかなか取れなくなります。特に加齢によって、よりしみが取れなくなります。

原因

紫外線によって皮膚の細胞が攻撃を受けて、活性酸素が増えます。そしてその活性酸素を減らすためにメラニン色素が集まりしみになります。メラニン色素を過剰にだすのも免疫機能からのものですが、それがしみになってしまうのです。またそばかすは遺伝によるものも多く、子供の頃から思春期に目立ちます。そのごだんだん薄れることが多いようですが、加齢とともにまた出てくることもあるようです。

効果的な漢方薬治療と対策

シミ、そばかすには当帰芍薬散、加味逍遥散、清上防風湯、ヨクイニンがおすすめです。そして日焼けの火照りを取るには加味逍遙散、女神散、桂枝茯苓丸、温清飲、温経が使われます。