虫さされ・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

虫さされは痒みや痛みなどいろいろですが、意外と何日も痒みが残ることもあります。漢方ではどのよなもので改善するのでしょう。

症状

虫さされによって、少しだけ赤みが出る場合もありますが、湿疹が広がることもあります。痒みや痛いなど、虫の毒によって症状は違ってきます。また肌の弱い敏感肌の人はかぶれることもあり、傷がついたり膿んだりすることもあるのです。

原因

蚊は虫さされの代表のようですが、それだけでなくダニ、シラミ、ノミなども原因になります。またブヨ、蜂、蛾、毛虫なども原因になりますが、その毒素はとても強いものもあります。蜂やムカデ、クモなどにさされると腫れもひどく痛みも相当強くなります。アレルギーを起こし抗体が体内に作られると次に刺されたときにアナフィラキーショックを起こすことも。

他にも全身に蕁麻疹を起こしたり、発熱、呼吸困難、血圧低下などの状態に陥ると命も危険です。また毛虫などは1回に数カ所同時に刺す虫もいて、刺された痕がいくつも並んでいることも。シラミやノミは、最近あまりいなくなりましたが、犬や猫のノミも人間にも危害を受けることもあります。

効果的な漢方薬治療と対策

虫さされには塗り薬として神仙太乙膏がおすすめです。蚊に刺されたときには、塩を刺され口に塗っておきましょう。他にお酢も効果があります。