帯状疱疹(帯状ヘルペス)・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

体の一部に出ますが神経に沿って出るので痛みが強いのも特徴です。漢方ではどのようなものがおすすめでしょう。

症状

体や唇にでます。神経に沿って出るので痛みは相当強いようです。そのままにしていて熱が出てしまうほど最初は重度になることもあります。また再発が何回も起る可能性があり、免疫が落ちると起るようです。水ぶくれが起るまでだるさが強く、その後水ぶくれができ、それが潰れて痛みがより強くなります。顔、胸、背中、唇、お腹などに発症しやすいようです。水ぶくれは小さな水ぶくれが集まって出てくることもあります。

原因

原因は帯状疱疹のウイルスによって1回感染すると、あとは再発を繰り返します。特に免疫が低下したときにウイルスの再活性するため発症します。また糖尿病や白血病、病気中の弱っているときなどにも出やすいようです。感染している人でも発症していなければ感染はしません。発症しているときに飛沫感染や水ぶくれの液からの感染もあります。また単純ヘルペスウイルスによる感染は唇が多く、唇のみのヘルペスの場合も。同じように性器ヘルペスもあり、性交渉によってうつると言われています。

効果的な漢方薬治療と対策

ヘルペスなら五苓散、加工附子末、桂姜棗草黄辛附湯、桂枝加苓朮附湯、疎経活血湯などがおすすめです。