水虫(白癬菌)・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

水虫はとにかくなかなか治らないと言われています。漢方でも改善できるのでしょうか。

症状

足にできる場合が多いようですが、手にもできます。かかとの回りや足の指と指の間などにできやすく、手の指もまたのところにできやすいようです。痒くなると、たまらない痒いがありますが、痒みがないためになかなか分からないのが爪水虫と言われています。爪へのダメージがひどいので、しっかり治すようにしましょう。

また爪の水虫は爪の先が厚ぼったくなったり、黄白色になったりします。足の指の水虫はぐじゅぐじゅタイプの場合、悪臭を放つ場合もあります。水疱ができるものだけでなく、あかぎれのようなヒビ割れができるタイプも。また赤い隆起のある痒みの強いタイプは股間にできる水虫もあります。また頭に繁殖する水虫もあって、毛穴が赤くなって円形脱毛症になったりもするようです。

原因

一番の原因は白癬菌が原因で、靴を履いている時間が長く、不潔にしていると靴の中で蒸れ手白癬菌が増えてしまいます。最近は男性も女性もブーツを履く機会が多いので通気性が悪く、多湿になってしまうので白癬菌の繁殖しやすい環境になることが多いようです。

また足が不潔だったり靴下が汚かったりすることでも水虫になりやすいので清潔が一番と言えそうです。また共通のスリッパなどを使うことで、そこからうつることもあります。水虫の人が履いた病院のスリッパなどは要注意です。また動物の毛を好んで住みつく白癬菌の種類もあり、動物を家の中で飼っていると水虫になりやすい環境とも言えるようです。

効果的な漢方薬治療と対策

白虎人参湯、 十味敗毒湯、麻杏ヨク甘湯、荊ガイ連翹湯、当帰芍薬散、ヨクイニン湯、外用薬は華陀膏がおすすめです。