ツムラ78 麻杏薏甘湯(マキョウヨクカントウ)の効果効能と副作用

ツムラ78 麻杏薏甘湯(マキョウヨクカントウ)の効果効能

ツムラの麻杏薏甘湯(マキョウヨクカントウ)は、関節痛や神経痛、筋肉痛といった症状に効果を発揮します。

服用にあたっては、体が弱っている状態のときや、発汗量の多いタイプの方には不向きとなります。

痛みは、それぞれの部位に熱をこもらせることによって、腫れや炎症を作り、体に余計な負担を与えています。

この熱を、発汗を通じて体の外へ放散させます。

また、とどこおていた体の中の余分な水分を取り除くことで、爽快感を取り戻します。

麻杏薏甘湯(マキョウヨクカントウ)は、昼間はそれほど感じることが少なかった痛みが、夕方にかけて強まる場合などのように、慢性化していてなかなか痛みから解放されない場合に、優れた効き目があります。

体が、気温や湿度の変動を敏感に察知して、それを痛みに変換していたものを緩和させていきます。

痛みの緩和以外には、イボ、水虫、肌荒れなどの皮膚病の治療にも利用されています。他の治療薬と併用する場合は、医師と相談の上で進めていくことが大切になります。

 

ツムラ78 麻杏薏甘湯(マキョウヨクカントウ)の副作用

ツムラ78麻杏薏甘湯(マキョウヨクカントウ) の副作用は、食欲の低下、胃の不快感、下痢、嘔吐などの主に胃腸症状として現れます。

また病後衰弱している方、体力が落ちている方、元々汗をかきやすい方、重度の高血圧の方、腎臓、膀胱、甲状腺に障害のある方にはこれら副作用が出やすいです。

漢方は基本身体に優しいと言われていますが、長期間にわたり服用する場合は注意が必要です。

異常を感じたら服用を止め、医師にご相談ください。