じんましん・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

じんましんというと、古い物や合わないものを食べたときに起ります。痒くなるだけでなく熱が出ることもあるようです。さて漢方ではどのような改善藥があるのでしょう。

症状

皮膚にピンクや赤い平らな盛り上がりができることが多いようです。痒みの強いものと弱いものがあります。またその盛り上がりの大きさは直径数ミリ程度の円形のものから縦横3センチ以上の大きくいびつなかたちのものまであります。

自然に半日から1日できれいになることがほどんどですが、たまにひどい蕁麻疹はどんどん悪化して熱がでたりすることもあります。この場合は解毒剤など病院で治療することが必要です。また呼吸困難が起ることもあり、緊急事態になることもあります。

原因

魚介類や青魚、カニ、エビなどはアレルギーを持っている人もいます。牛乳や大豆などのアレルギーでも
蕁麻疹が発症します。他にもその人によってのアレルゲンを食べたときに起ります。また古いものを食べたときに蕁麻疹を起こすことがあります。食品の成分が酸化して、それが体に合わなかったと言う場合です。

他に花粉やハウスダストを吸い込んだときにも蕁麻疹を起こすこともあります。他にも衣類などの圧迫や擦れにじんましんが起りやすいようです。何かの原因で蕁麻疹が起ったときに、二次的な原因の締め付けられているところに出るということになります。

他に熱や寒さによる刺激でも蕁麻疹を起こしますが、とても軽いものとなります。身心のストレスによっても起ることがあります。他は薬の副作用として蕁麻疹が出てしまうこともあります。

効果的な漢方薬治療と対策

蕁麻疹には、桂枝茯苓、越婢加朮湯 、カッコウショウキサン 、荊芥連翹湯 、梔子柏皮湯 、十味敗毒湯などの配合が使われます。