痙攣(けいれん)・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

痙攣を起こすことは、誰でも体験することではないはずです。どのような原因があるのでしょう。漢方での改善も期待できます。

症状

痙攣は小さな震えのようなものから、手足が勝手につぱってしまうことあります。痙攣が起っても意識がなくなることもあり、舌を噛む危険もあるとのこと。また小さな痙攣が目の回りだけ起ったり、顔面の半分だけ起ったりと、いろいろな原因で起ります。

原因

運動による痙攣は筋肉疲労からくるものがほとんどです。また同じ姿勢で長時間作業していると、筋肉が痙攣することがあります。時間がたてばほとんど完治します。高熱が出た幼児などは痙攣を起こすこともあります。またテンカンや甲状腺機能低下、破傷風、パニック障害などによってまたストレスなどから眼瞼痙攣や片側顔面痙攣などが原因になることも。またチックや三叉神経痛なども原因となります。

効果的な漢方薬治療と対策

パニック障害なら柴胡加竜骨牡蠣湯、柴胡桂枝乾姜湯、甘麦大棗湯、加味逍遙散、桂枝加竜骨牡蠣湯、半夏厚朴湯、加味帰脾湯。テンカンなら黄連湯 、甘麦大棗湯 、甘麦大棗湯+霊芝 、九味檳榔湯 、桂枝加竜骨牡蠣湯 、桂枝茯苓丸 、五苓散 、柴胡加竜骨牡蛎湯 、柴胡桂枝乾姜湯、柴胡桂枝湯 、三黄瀉心湯、四逆散 、小柴胡湯が使われます。加味逍遙散、血府逐オ湯、半夏厚朴湯はストレスによる場合に配合されます。