ツムラ76 竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ)の効果効能と副作用

ツムラ76 竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ)の効果効能

ツムラの竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ)は、尿路や生殖器の炎症を改善させ、尿の出を良くする作用があります。

体力があって冷え性でない方に適した薬で、排尿痛や残尿感、頻尿、尿のにごり、陰部の痒み、さらにはこれらの症状を伴う尿道炎、膀胱炎、膣炎、子宮内膜症の治療に用いられます。

竜胆瀉肝湯は9種類の生薬から構成されています。

主薬である「竜胆」、さらに「黄ごん」と「山梔子」は、熱や炎症を冷ます効果があります。

「木通」・「車前子」・「沢瀉」は、利尿薬としても使われており、水分循環を改善し尿の出を良くします。

そして血液循環をよくする「当帰」と「地黄」、緩和作用がある「甘草」などが配合されており、これらが組み合わさる事によってより良い作用をもたらします。

用法は、成人なら1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用するとされており、飲み方はお湯に溶かしてゆったりとした気分で飲むのが効果的です。

 

ツムラ76 竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ)の副作用

ツムラの竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ)は、排尿痛、残尿感、頻尿などの改善に使われる、比較的体力のある人向きの漢方薬です。

副作用は多くありませんが、比較的あるのが「胃の不快感やもたれた感じ」「食欲不振」「吐き気」です。

また非常にまれですが、咳や呼吸困難、皮膚や白目が黄色くなる、体がとてもだるいといった症状があれば、間質性肺炎や肝障害になる可能性がありますから、すぐ服用を中止し医療機関を受診しましょう。