冷え症・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

冷え性は自覚のない冷え性もあります。原因は一つではないので、そんな原因から改善法を探りましょう。また漢方での体質改善もおすすめです。

症状

体の芯がいつも冷えていて、自覚はなくても夏でも体の奥は冷えています。冬は人より寒がりだったりすることもあるようです。

原因

冷え性は血行が悪いため、末端の血管まで血液が行き届かない状態になっています。女性ホルモンのエストロゲンの分泌低下や自律神経の乱れなどでも起るとのこと。ビタミン、ミネラル、タンパク質などが不足すると代謝が落ち、冷え性になってしまいます。

またきつめの下着などを着けていると血行が悪くなり、冷え性の原因になります。また夏など暑いことからクーラーのかけすぎで冷え性になることも。それによっても自律神経が乱れ、自分で体温コントロールを行うことができなくなります。また低血圧や貧血、更年期障害なども冷え性の原因になることもあるとのこと。また月経困難症なども原因になります。

効果的な漢方薬治療と対策

貧血には当帰芍薬散、加味逍散、桂枝茯苓丸、苓桂朮甘湯。冷え性は小青竜湯、六君子湯、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、帰脾湯、呉茱萸湯、葛根加朮附湯、牛車腎気丸、半夏白朮天麻湯、温経湯、安中散 、補陽還五湯、小建中湯、川?茶調散などがあります。ホルモンバランスには桂枝茯苓丸、加味逍遙散、当帰芍薬散。