麻痺・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

麻痺は原因がいろいろありますが、どのような原因があるのでしょう。漢方で対応するにはどういうものがあるのでしょう。

症状

麻痺といっても、単なるしびれるという症状や、まったく自分の自由が効かないということもあり、筋肉の成長も止まってしまう場合もあります。もちろん全身麻痺になることも。

原因

フグの卵巣や肝臓の毒などによる食中毒の場合が考えられます。キノコの毒なども同じように麻痺を引き起こしますが、呼吸を止めてしまうこともあります。また長時間同じ姿勢によって、しびれが起ることもありますが、これも麻痺の1種類です。また脳梗塞や脳出血、ウイルス性脳炎など脳の中枢神経が障害を受けると起ります。顔面神経麻痺、橈骨神経麻痺、手根管症候群、椎間板ヘルニアなどが原因になることも。事故などで大切な神経を切断してしまえば半身麻痺にもなります。そして重症筋無力症などは、全身の筋肉が麻痺してしまう病気もあるのです。

効果的な漢方薬治療と対策

神経痛には桂枝加苓朮附湯 、五積散 、疎経活血湯 、?苡仁湯。ヘルペスには五苓散、加工附子末、桂姜棗草黄辛附湯、桂枝加苓朮附湯、疎経活血湯。坐骨神経痛には牛車腎気丸、竜胆瀉肝湯、疎経活血湯、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、芍薬甘草湯。顔面麻痺には半夏白朮天麻湯、川?茶調散、麻杏?甘湯、桂枝加苓朮附湯、防已黄耆湯、桂枝茯苓丸などがおすすめです。