捻挫(ねんざ)・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

捻挫はちょっとしたことで起るので注意したいものです。漢方薬によって改善を早くすることができるとのこと、どのような漢方薬がいいのでしょう。

症状

捻挫は骨折より痛みが強いこともあると言われています。もちろん捻挫によっては一切動かすこともできなくなることも。ころんだときに足首を捻挫したり、ちょっとしたことでも起ります。捻挫の度合いによって痛みも違ってくるでしょう。

原因

関節に無理な力が加わることから捻挫は起ります。骨と骨をつなぐ靱帯が伸びきってしまったり、切れてしまったりすることで捻挫が起るわけですが、体内どこの関節でも起る可能性があると言われています。漢方ではどのような効果があるのでしょう。

スポーツをしたときや、日常普通に生活していても転倒したり、関節をねじってしまうことで捻挫を発症してしまうこともあります。細かく挙げると転んだときに足首や膝の捻挫を発症する他にも、手をついたときには手首や肘、指などの捻挫も可能性もでてきます。また事故などでは股関節や肩などの捻挫を起こすことも。また暴力などであごの関節が捻挫したということなどもあるのです。

効果的な漢方薬治療と対策

打撲、捻挫には桂皮、丁子 、大黄 、樸? 、川? 、川骨 、甘草が使われます。