熱中症・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

最近は熱中症でも命を取られている人もいます。特に夏の気温が高くなっている日本では熱中症にならないための注意が大切です。漢方薬ではどのようなものがあるのでしょう。

症状

熱中症になると水分補給をしたいという気持にならなくなります。水分を要求しえいるにもかかわらず、感覚が麻痺してしまい水分を補給せずに、重症の熱中症になってしまい、動くこともできなくなってしまいます。そのあげく意識までもなくなることが多いようです。唇がしびれたり、顔面が蒼白になったり、呼吸回数が増え、こむら返りや筋肉痛も起ります。もちろん生命が脅かされることもあるので水分補給は重要になります。

原因

高い気温と湿度、強い日差しによって起ります。アスファルトの照り返しも強く、普通に歩いているだけでも体への負担は大きくなります。また激しい運動による睡眠不足という場合も、体温調整ができなくなるため意識不明になることもあるのです。大量の汗をかくことで血液量が減り、濃くなってドロドロ状態になり、脳梗塞などの原因になることもあります。

効果的な漢方薬治療と対策

熱中症には補中益気湯、十全大補湯。こむら返りなら芍薬甘草湯がおすすめです。熱中症による自律神経の乱れには加味帰脾湯、甘麦大棗湯、柴胡桂枝乾姜湯、柴朴湯、大承気湯、女神散がおすすめです。