打撲・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

打撲は誰でも経験することではないでしょうか。打撲しやすい原因などを考えてみたいと思います。

症状

体のどこかをぶつけてしまうことによって痛みが発生したり、アザができたり、ひどくなると骨折や内臓破裂などもおこります。また打撲によって皮膚が切れてしまうと出血も起るわけです。どの程度、何にぶつけたかで症状はまったく変わってきます。特に頭部を打撲すると即命にかかわる場合もあるのです。

原因

打撲の原因は事故や災害などが多いようですが、他にもスポーツによる打撲もあります。交通事故だから重症の打撲、スポーツならたいしたことないとは言い切れません。当たったところが悪ければボールであっても死亡することさえあるのです。また事故でも打撲の結果骨折程度で軽く済むこともあります。もちろん硬いものが上から落ちてきたりしたら、ひとたまりもありません。

また、しょっちゅう家の中で打撲する場合は視力に問題があったり、平衡感覚に問題があることも考えましょう。日常の中でめまいなどがないか、視力検査に問題はないか、メガネは合っているかなども注意が必要です。もちろん他にも注意散漫ということもあり、注意力が落ちていることも考えられます。睡眠不足や生活リズムなどについても見直してみましょう。

効果的な漢方薬治療と対策

打撲には桂皮、丁子、大黄、樸?、川? 、川骨、甘草などがお勧めです。