多汗・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

多汗はどのような原因で起るのでしょう。漢方で改善するにはどのような漢方薬があるのかなどまとめてみましょう。

症状

普段でも特に汗を大量にかくというタイプと、手だけに異常に汗をかく、顔だけ異常に汗をかくなど、人によって部分もさまざまです。そして多汗のために皮膚がただれてしまう場合もあり、単なる汗ということでは済まない状態になることも。

原因

多汗の原因はまず暑さが強いと汗も多くかきます。他にも特にびっくりしたときや緊張したときにも汗が異常に多くなることも。発汗作用のある刺激物などを食べたときも多汗となります。他に運動をすると多汗になりますが、問題はやはり不自然な多汗の場合であって、病的な汗は改善が必要になります。多汗症や更年期障害、自律神経失調症、甲状腺異常、ストレスなどによって起ります。

効果的な漢方薬治療と対策

精神的な原因の場合は柴胡加竜骨牡蛎湯、柴胡桂枝乾姜湯、食生活が原因の場合は黄連解毒湯、茵陳蒿湯防、肥満が原因の場合は防已黄耆湯、防風通聖散、ホルモンバランスが原因の場合は已黄耆湯、防風通聖散、遺伝が原因の場合は加味逍遥散、女神散などを服用します。