食物アレルギー・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

食物アレルギーもひどくなると命にかかわることだと言われていますが、食べたいものが食べられないのは辛いことではないでしょうか。漢方薬で体質改善したいものです。

症状

その人によってアレルゲンが違いますが、アレルゲンの入ったものを食べると、蕁麻疹ができたり吐き気、痒みが起る場合があります。また呼吸困難になり死に至ることもあります。例えばアトピー性皮膚炎などは皮膚に出る痒みやガサガサを引き起こすことも。

またアレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎花粉症から起ることでも知られていますが食物によっても起ります。また気管支喘息は呼吸困難にもなる可能性もあるとのこと。蕁麻疹は痒み、発熱、発疹、吐き気などの特徴があります。アレルギー性胃腸炎やアナフィラキシーショックはアレルゲンの食品によって血圧低下、意識混濁、呼吸困難など命にかかわることもあるのです。

原因

アレルゲンは違うものの、免疫作用の誤作動と言われています。食べ物にアレルゲンがあると調理の材料に少し使われているだけでも影響が出るとのこと。特に卵、乳製品、そば、小麦粉、大豆、バナナ、キウイ、ピーナッツ、エビ、カニなどがよく聞くアレルゲンですが、実はどんな食物でもその人にとってはアレルゲンになる可能性があるのです。

効果的な漢方薬治療と対策

アトピー性鼻炎には葛根湯加川?辛夷、小青竜湯、苓甘姜味辛夏仁湯、越婢加朮湯、葛根湯、辛夷清肺湯、麻黄附子細辛湯。アトピー性皮膚炎には桂枝加黄耆湯、十味敗毒湯などがおすすめです。