自律神経の乱れ・原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

自律神経はいろいろなことで乱れると言われています。原因はいろいろあっても漢方の場合は自律神経に直に影響を与えて改善してくれるのです。

症状

自律神経失調症になると倦怠感、頭痛、肩こり、などが起ります。また神経性胃炎など胃腸に不調を起こすこともあり、生理が不順になったり止まったりすることも。パニック障害が起ることや鬱病になることも考えられます。それによって不安症や恐怖症などのような症状が起ることも。他にも下痢や便秘を繰り返す過敏性腸症候群なども起ります。食欲不振、吐き気、不眠症などさまざまな症状が起ります。

原因

原因はストレスが大きく影響しています。また睡眠不足、生活リズムなどに問題があることも。自律神経は副交感神経と交換神経のバランスが乱れてしまうことで起りますが、生活リズムはとても大きく影響しています。

他にメニエール病によって自律神経のバランスが崩れ、耳なりや難聴、めまいなどが起ると言われています。運動不足も自律神経の影響を及ぼすとのこと。また家族との死別なども原因になりますが、最近はペットロスといって、ペットとの死別によっても自律神経を崩してしまうこともあるのです。

効果的な漢方薬治療と対策

自律神経の乱れには加味帰脾湯、甘麦大棗湯、柴胡桂枝乾姜湯、柴朴湯、三物黄?湯、大承気湯、女神散がおすすめです。加味逍遙散、血府逐オ湯、半夏厚朴湯はストレスに人気です。