耳の痛み原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

耳の痛みにもいろいろな原因があり症状もそれぞれですが、漢方薬治療としてどのような対策が考えられるのでしょう。原因とともに考えてみたいと思います。

症状

耳の痛みも原因によってだいぶ違ってきますが、耳は頭に近いこともあり強い痛みはとても辛い症状となります。特に中耳や外耳なども相当強い痛みを起こすこともあり、ずきんずきんという痛みからキリキリする痛みなどさまざまです。また鈍痛の場合と激痛の場合があり、熱が出ることもあります。寝ているだけでもたまらない痛みに襲われる場合や、血管が波打っているような鈍い痛みの場合などそれぞれです。

原因

原因は本当に様々で急激な気圧の変化によって起こる耳管狭窄症の痛みも、ひどくなると強い鈍痛になります。また耳かきなどで傷付けてしまったという場合もあります。大きな音や何か物体によって鼓膜を破ってしまうことも原因の一つにはあるのではないでしょうか。他には疾患による痛みがほとんどとなります。

細菌、ウイルスによって起こる中耳炎は、風邪やインフルエンザによって起こることが多いようです。中耳に膿が溜まってしまい熱が出ることもあります。外耳炎は中耳よりもう少し外側の部分で傷などから細菌が入り込んで炎症を起こすもので、プールなどでも雑菌が入ってしまい起こることも。痛みは相当厳しいものとなります。おたふく風邪や顎関節症、耳性帯状疱疹や三叉神経痛、また咽頭炎も咽頭がウイルスや細菌によって炎症を起こしますが、耳の奧まで痛みが広がることもあります。

効果的な漢方薬治療と対策

防風通聖散は便秘しやすく肩こりなどがある人で、慢性中耳炎に効果の高い漢方薬と言われています。中耳炎はきちんと治療をしていないと慢性中耳炎になってしまい、ちょっと体力が落ちたときに中耳炎の症状が出てくるというものです。また柴胡桂枝乾姜湯も中耳炎の改善やめまいなどにも効果があります。