声のかすれ[嗄声(させい)]の原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

声のかすれ[嗄声(させい)]の原因はいろいろありますので、原因に合わせた漢方による改善法もあるのではないでしょうか。

症状

声のかすれには喉の痛みが伴う場合と、まったく痛みが伴わない場合、また突発的に声がかすれる場合となどさまざまです。常時声がかすれている場合あり、その場合はもう自分の声がかすれ声だと思い込んでしまっている場合もあります。話をしたくてもまったく声が出ないというときもあり、その状態もさまざまと言えそうです。

原因

カラオケなどによって大きな声を出すなど、声帯を酷使すると起こります。声帯に炎症やむくみがあるので声帯を休ませることが一番です。またタバコの中のタールが声帯を刺激し炎症を起こすため、長くタバコを吸っていると声帯がむくみ腫れてしまい、日常的に声のかすれ[嗄声(させい)]を起こしCOPDなどを起こす可能性もあります。

声帯は加齢によって嗄れた老人のような声になっていきます。声帯の緩みから息がもれるので、かすれたように聞こえます。風邪やインフルエンザによる炎症、COPDや喘息などでも声かすれが起こります。

他にも甲状腺機能の低下によっても起こることがありますが、特に橋本病の方に多く見られます。声帯ポリープの場合は声帯に小さな腫れ物ができ、声がかすれるだけでなくほとんど出なくなることも。声を仕事にする歌手などにもなりやすい病気と言われています。

効果的な漢方薬治療と対策

響声破笛丸料は歌手のスガシオが使っていることでも知られていますが、声がれなどに効果のある漢方薬です。風邪による声がれには葛根湯と安静が一番です。また喉を酷使したときに声帯の筋肉にも有効な麻杏?甘湯がおすすめです。