ツムラ2 葛根湯加川芎辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)の効果効能と副作用

葛根湯加川芎辛夷の効果効能

漢方薬には様々な効果や効能を備えているものがあります。

体質的なものだから仕方ない、慢性的なものだから諦めるしかないと思っていた人も漢方を試してみると症状が緩和することがあります。

葛根湯加川芎辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)は風邪の引きはじめによく服用される葛根湯をベースに、辛夷と加川芎を調合した漢方薬で、日本で独自に生み出されたものです。

スッキリしない頑固な鼻づまりや蓄膿症に対する治療薬としてよく処方されているので、鼻づまりに関する症状で悩んでいる人の中には葛根湯加川芎辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)の名前を聞いたことのある人もいることだろうと思います。

辛夷の方は元々鼻炎を治す目的で民間医療で使用されてきたものです。ツムラでは、葛根湯加川芎辛夷を飲みやすいように顆粒タイプに加工したものが製造されているので、この漢方薬を飲んでみたい人は顆粒タイプのものを服用してみるといいでしょう。

 

葛根湯加川芎辛夷の副作用

ツムラの葛根湯加川芎辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)は、頭痛や鼻水などの感冒症状と、慢性鼻炎などの鼻疾患に用いられる漢方薬です。軽い副作用としては発疹などのアレルギー症状や食欲不振、下痢、動悸などがあげられます。

重大な副作用では、アルドステロン症のようなむくみ•体重増加•血圧上昇や、低カリウム血症による脱力感、手足のしびれ、麻痺などの症状が現れることがあります。

このような副作用が見られた場合には、服用を中止し、医師や薬剤師に相談するようにしてください。