口臭の原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

口臭はやっぱり気になるものです。自分の口臭ももちろんのこと、人の口臭も気になると話が進まなくなってしまいます。できるだけ予防をして口臭のない毎日を送りたいものです。

症状

口臭は自分で感じる臭いと感じない臭いがあり、感じない臭いの方が強い臭いとも言えるのです。食べたものの臭いや腐敗臭、歯槽膿漏などの膿んだ臭いなど原因によって臭いも違ってきますが、どれも心地よくない臭いが発生します。

原因

食べた物の臭いが強く、口臭となる場合。ニンニクやニラなどがその代表的なものではないでしょうか。そのときにはみそ汁や牛乳、コーヒーなどがニオイの中和をしてくれます。

そして胃の調子が悪いことから、消化不良によって口臭が強くなります。また便秘になると毒素が血液に逆に吸収されて体臭や口臭に影響するので、腸内環境を良くすることも大切です。

口内の問題としては歯周病や虫歯によって口臭が増えます。歯周病は歯槽膿漏などの膿に悪臭があり、虫歯の被せてある中が腐ってしまっている場合は、腐敗臭なども強い口臭が起こる原因に。ドライマウスも口臭が出やすくなります。更年期の症状として、女性ホルモンの激減によってドライマウスが発症することもあります。

効果的な漢方薬治療と対策

歯周病の膿を抑える排膿散及湯は是非おすすめです。ドライマウスには白虎加人参、湯抑肝散、更年期に関係するドライマウスは通導散、温衛湯がよく使われています。