のどのつかえ感の原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

のどのつかえ感は、とても中途半端な症状で落着かないものです。ひどくなるとノイローゼになるほど気分の悪いものだとも言われています。また最悪の場合は死亡にも至ってしまいます。どのような原因があるのかまとめてみましょう。

◇症状
何か物がのどにつかえているという感覚があると、とても気持が悪くそこに集中してしまうと他のことが手につかないような気持にもなってしまいます。また完全に物がのどに詰ってしまって息ができなくなるという重大な、のどのつかえもあります。

◇原因
のどのつかえの原因には、何か物体がのどにつかえている場合と、何もないのにつかえている感じがする場合もあります。物体がつかえている場合は魚の骨がのどに刺さってしまったり、老人の死亡原因にもなるお餅の飲み込みもその一つです。また誤飲によって子どもなどが大きなものを飲んでしまって、のどでつかえてしまったということもあるでしょう。

実際には何ものどにないのに、つかえている感じがするという場合は逆流食道炎だったりアレルギーによって、何かのどにあるように感じてしまう場合もあります。

◇効果的な漢方薬治療と対策の原因と漢方治療による改善
現実に何か引っ掛かっている場合はそれを取りのぞくことが先決になります。しかし何もない場合はストレスや神経症に効果のある半夏厚朴湯がおすすめです。他に逆流性食道炎には甘草瀉心湯、黄連湯、六君子湯、茯苓飲、大柴胡湯、星火健胃錠など高い効果を示してくれる漢方薬となります。