ツムラ73 柴陥湯(サイカントウ)の効果効能と副作用

ツムラ73 柴陥湯(サイカントウ)の効果効能

ツムラの柴陥湯(サイカントウ)は、柴胡(サイコ)•黄ごん(オウゴン)•黄連(オウレン)•か楼仁(カロニン)•半夏(ハンゲ)•人参(ニンジン)•甘草(カンゾウ)•生姜(ショウキョウ)•大棗(タイソウ)の9種類の、自然の草や木からとった生薬で構成されています。

柴胡と黄ごん、黄連を組み合わせる事により、胸の炎症をしずめます。

また、半夏は、胸のつかえ感や吐き気をおさえる生薬として知られています。

か楼仁は咳や痰をしずめる作用があり、人参は滋養作用、甘草は炎症や痛みを緩和させます。

これらの生薬が組み合わさる事により、胸の炎症や痛みをやわらげ、咳をしずめる効果を発揮します。

体力が中くらいの人で、咳が酷いため胸痛などを感じている人に適した漢方薬と言えます。

具体的には、気管支炎や気管支喘息、肋膜炎の胸痛などの治療に用いられます。

通常は、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に服用すると良いとされています。

 

ツムラ73 柴陥湯(サイカントウ)の副作用

ツムラの柴陥湯(サイカントウ)は、胸の炎症や痛みを緩和し、咳をしずめる効果があります。

軽い副作用として、食欲不振やむかつきが上げられます。

しかし、服用回数を重ねることで、しだいに慣れていく場合が多いようです。

また漢方は食前、食間に服用するのが一般的ですが、食後に服用することでこれらの症状が緩和されることもあります。

あるいは、お湯ではなく水で服用するのも、むかつきを抑えるためにとる方法のひとつです。