ドライマウスの原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

ドライマウスはドライアイの症状を持っている人に多く、約人口の25%になるとのこと、日本でも3000万人はいると言われています。風邪などになりやすかったり、いびきの原因になったり虫歯の原因にもなりかねないのです。

症状

いつも口と喉の渇きを感じます。特に口の渇きが強くなると言葉が回りにくくなったり、口臭を感じるようになったり、口の中がベタつくなどという症状も。舌がチクチクしたり、口内炎ができやすくなったりすることもあります。唇が割れやすかったり、入れ歯が合わなくなったり、飲み込みが悪くったり、夜喉が渇くなどの症状がでることも。

原因

ドライマウスは多くの場合中高年の女性に多いと言われています。更年期の女性には多く、その理由には唾液腺や外分泌線は女性ホルモンととても関係があるからなのです。またドライマウスになる疾患としては糖尿病やシェーグレン症候群(自己免疫疾患)などの可能性もあります。そして身心のストレスも大きな原因となり、特に不安や緊張状態が長く続くストレスは健康な人でもドライマウスの原因になることも。他にもいろいろな薬の副作用ということも考えられます。

効果的な漢方薬治療と対策

更年期によるドライマウスには通導散や温衛湯がおすすめです。また加味逍遥散は精神的なストレスによる口の渇きを改善します。また糖尿と口の渇きには大柴胡湯、白虎加人参湯、五苓散がよく使われます。