せき・たんの原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

せき・たんは軽いものから、重度の疾患が絡んでいるものまであります。それぞれの原因に合った、せき・たんの漢方治療について考えてみましょう。

症状

せきは軽いものから重度のものまでありますが、重度になると体が痛くなるほどひどいせきもあります。のどにイガイガを感じてせき込むということや、痰が絡んで気持悪いという場合などもありますが、すべて風邪の原因とは言い切れません。どちらにしても早く改善したいと思うような症状です。特にひどいせきは眠ることもできないこともあったり、肺が痛くなることなど不安になるようなせきもあります。

原因

湿性のせきの場合は、ほとんどたんが出ることが多くなります。この場合に考えられる疾患を挙げてみましょう。細菌性肺炎、気管支炎、副鼻腔炎、胸膜炎、肺結核症、COPD、肺水腫、肺癌、気管支拡張症、喘息などの原因によるものがあります。

また乾性せきの場合は、たんが出ないことがほとんどです。病気としては気胸、敏感性肺炎、肺閉塞症、咳喘息、間質性肺炎、胃食道逆流症、薬剤性の咳などがあります。

効果的な漢方薬治療と対策

喘息や咳止めに効果の高い小青竜湯や、肺炎症を抑える効果が期待できるのが五虎湯です。また咳止めと体を元気にしてくれる参蘇飲や呼吸器を潤す麦門冬湯などもおすすめです。

ただし、咳はほとんどが風邪や喘息系ですが、咳が3週間ほど続くときや、湿気のない乾燥した感じの咳が2カ月程度続くなら重度の疾患ということが疑われます。その場合はきちんと検査を受けた上で、それにあった漢方を選ぶようにしましょう。