いびきの原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

いびきは回りの人にとっても迷惑ですが、自分にとっても良いことはないようです。いびきの原因を知り、漢方薬による対策を考えてみましょう。

症状

いびきは、とてもかわいい寝息のようなびきから、ヒキガエルのような大きないびきまでいろいろです。疲れた時に出やすいなど言われていますが、ほとんどは口を開いた状態でかいています。いびきは片道いびきと往復いびきがあり、聞いている方は眠れなくなってしまうこともあり、ある意味公害でもあると言う人もいるほどです。また無意識にいびきをかいていても、朝なんとなく寝不足ですっきりしないということも起こってきます。

原因

いびきの原因は鼻の疾患によって鼻が詰っているため、口呼吸によるいびきがあります。花粉症や鼻腔炎、副鼻腔炎、蓄膿症などの疾患がいろいろ考えられます。もちろん風邪などによる鼻づまりでも同じことが言えます。また、肥満の場合喉の周りに脂肪が多く、気道を塞いでしまうためにいびきをかくことも。首の周りに脂肪が付いている人は脂肪を落とすことが必要です。

他に無呼吸症候群の可能性もあります。いびきは喉の振動で起こりますが、喉が狭くなっていると気道の表面が息を吸うときに吸い寄せられて気道を閉じてしまうことがあります。そうなることで無呼吸という状況になってしまいます。無呼吸症候群は無意識に寝不足になり昼間に眠気をもよおしたり、もちろんそのまま呼吸が止まることも考えられ

効果的な漢方薬治療と対策

慢性鼻炎、副鼻孔炎の改善に効果のある荊芥連翹湯。鼻づまりは辛夷清肺湯、喉付近の脂肪を取るには防風通聖散。そして睡眠障害には温胆湯が効果に期待ができます。