痙攣(けいれん)原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

痙攣が急に起こると驚いてしまいますが、顔の痙攣にはいろいろな病気が隠れていることもあります。痙攣について考えてみましょう。

症状

顔の痙攣は自分でしか感じない場合もあります。自分ではとても大きく痙攣しているように感じても、外から見るとほとんど痙攣が見えないほど小さな麻痺もあります。特に目の回りなどに起こることが多いようです。口の周りがピクピクすることもあり、精神不安定を感じる場合もあります。

原因

パソコンや細かいものを見すぎたときには、目の酷使が原因で目の回りが痙攣することがあります。眼瞼痙攣の場合は目の酷使、ストレスなどが原因になりますが、まぶしさを異常に感じ目が開かなくなることもあると言われています。また方側顔面痙攣という疾患は、顔の片側の目の回り頬などが痙攣します。中高年の女性に出やすい疾患です。

三叉神経痛はこめかみ、目、顎と3つに分かれた三叉神経の領域の三叉神経に起こる神経痛の一種です。顔だけではなく全身どこに強く出るかは分りませんが、てんかんは痙攣を起こし意識不明になることもあります。

効果的な漢方薬治療と対策

麻痺やてんかんには、甘麦大棗湯、黄連湯 、甘麦大棗湯、九味檳榔湯、桂枝加竜骨牡蠣湯 、五苓散、柴胡加竜骨牡蛎湯などがおすすめです。他にも柴胡桂枝湯、四逆散 、小柴胡湯などもおすすめです。顔面神経痛には桂枝加苓朮附湯、五積散 、疎経活血湯、ヨク苡仁湯が使われています。