肌あれ原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

肌あれは女性にとっては永遠のテーマかも知れません。それほど美しくなるためには肌あれは大敵なのです。そのため肌荒れの改善はとても重要なことになります。

症状

肌あれには脂性肌と乾燥肌のタイプがあり、それによってガサガサになったりベタベタになったりします。またニキビや吹き出物も肌あれの一種と言えそうです。毛穴が膨らみそこが炎症を起こし痛くなる阿智婦もあります。また痒みや痛み、赤みやぶつぶつができる場合もありますが、その原因はそれぞれのようです。そしてひどい場合はただれてしまうこともあるほどです。

原因

肌あれは単なる脂性や乾燥した肌によるものばかりではありません。また脂性や乾燥肌も皮脂分泌のコントロールができなくなっている場合がほとんどです。肌の代謝が悪くなることは肌あれの基本的原因になりそうです。しかし外的なものもあり化粧品などのかぶれやアレルギー、紫外線によるものなども原因の一つになります。

胃腸が悪かったり便秘からも肌あれは起こります。また生理の関係でもプロゲステロンが優位になると起こることもあります。また大気汚染や洗顔法の間違え、洗顔石鹸などの問題もあるので、その辺は自分で注意することができそうです。ストレスでももちろん肌あれは起こってしまいます。

効果的な漢方薬治療と対策

アレルギー体質やアトピー皮膚炎には当帰、地黄、芍薬、黄?、川?、山梔子、黄連、黄柏などが使われています。生理不順には八味地黄丸、補中益気湯、加味逍遥散、便秘には桃核承気湯、大柴胡湯、加味逍遙散、補中益気湯、麻子仁丸、小建中湯、桂枝加芍薬湯などが使われています。ストレスには加味逍遥散、大柴胡湯、竜骨牡蠣湯、逍遥散、加味帰脾湯、抑肝散加陳皮半夏、甘麦大棗湯