顔が歪む・表情が変わる原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

久しぶりに会った友達を見て、いままであんなに歪んでなかったはずなのに、しばらく会わないうちに随分歪んでしまったと感じたことはないでしょうか。どのようなことが原因なのか考えてみましょう。

症状

顔が歪むのも、毎日の習慣などが原因であれば、年単位でだんだんゆがみが大きくなることなど原因によっていろいろです。また顔が歪むだけでなく、肩こりや腰痛も同時に起こることも考えられます。また歯が痛い、顎が痛いなど他の痛みが伴うこともあり、それらの症状からいろいろな原因が考えられるのではないでしょうか。

原因

虫歯や噛み合わせによって、いつも同じ側の歯で噛む癖がついている人は、どうしても長期間にわたって顔が歪んできます。また急な歯の痛みなどでも一晩で顔が歪むこともあります。他に骨盤が歪んでいると、だんだん顔も歪みが出できますが、この場合は肩こりや頭痛も感じることが多いようです。他にも入れ歯などで噛み合わせが悪い場合も顔は歪みます。顎関節炎の場合もどうしても偏った噛み方などになるので、顔の歪みにもつながってきます。

効果的な漢方薬治療と対策

顔の歪みは漢方薬をはじめ、薬で治すというより、毎日の姿勢や噛み合わせを治すこと、虫歯や歯周病を治療するなどのことが大切になります。しかし顎関節炎の場合は麻黄湯、まきょうよっかんとう 、柴胡桂枝湯、石膏、麻黄、蒼朮、黄耆、防已、大棗、甘草、生姜など関節炎系に効果の高い漢方薬として使われています。