ツムラ71 四物湯(シモツトウ)の効果効能と副作用

ツムラ71 四物湯(シモツトウ)の効果効能

ツムラ71 四物湯(シモツトウ)は、血液の循環を良くして体を温める働きがあります。

これにより貧血を防ぐだけでなく、ホルモンのバランスを良くする効果もありますので、月経の異常がある場合にも毎月決まった日数だけ来るように調子を整えていく事が出来ます。

漢方薬には即効性がないためしばらく継続する事で効果を実感できますが、西洋薬に比べると強い薬ではないため、副作用は比較的少ないのが特徴です。

ただし個人の体質によって異なりますので、発疹が出たり何らかの異常が出た場合には使用を中止して医師や薬剤師に相談をする事が大切です。

病気の予防や症状の改善を目的としてよく処方される漢方薬ですが、年齢により飲めない場合もあります。

また特有の苦みが苦手という方も多いですが、薬によっては粒状の物もありますので、処方の際に医師に相談すると錠剤で出してもらえる場合もあります。

体調が悪いとすぐに薬を出されますが、どういう効果があって何を改善するかという事を理解したうえで飲むようにします。

 

ツムラ71 四物湯(シモツトウ)の副作用

ツムラの四物湯(シモツトウ)は、血液循環を良くすることで体をあたため、貧血症状を改善したり、ホルモンバランスを整えたりする女性向けの漢方薬です。

副作用はほとんどありませんが、胃の不快感やもたれ、食欲不振、吐き気、下痢などの胃腸症状が現れることがあります。

ですからもともと胃腸が弱っている人には慎重に処方されます。

普通は食前や食間にお湯に溶かして飲みますが、胃腸の不快感や吐き気が発現した場合は、食後に飲んでも良いでしょう。