「老眼(老視)」の原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

老眼というと最近では随分若いうちから老眼になる人が増えてとも言われていますが、実際にはどういうものなのでしょう。最近では40代から老眼が始る人も少なくありません。

 

症状

ピントが合わない状態になります。目が疲れやすくなり、ピントが合わせにくくなります。今まではっきり見えていたものがぼけてきたと感じたりします。またとても目が疲れてしまい、細かいものを見ていると頭が痛くなります。肩こりも起こり特に細かい作業の集中力が極端になくなります。

また近眼であっても近すぎるところがぼけてしまうという症状があります。針に糸が通せなくなるという言い方がありますが、まったくそのとおりの症状になります。つまり近視は遠くが見えにくく、極近くも見えにくくなるので、遠近両用メガネを使うようになるわけです。

 

原因

原因は水晶体の機能が加齢によって低下するということにならいます。水晶体の弾力がなくなり、ものを見るときの焦点が合わなくなってくることが原因です。近くを見るときには水晶体を厚くし、水晶体を薄くして遠くのピントを合わせる機能があります。これがしっかり行われないと、老眼ということになってしまいます。ある意味遠視とも似た症状になります。

 

効果的な漢方薬治療と対策

老眼には牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)がよく使われます。また補中益気湯(ほちゅうえつきとう)は疲労をとり、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)は血の滞りを改善します。