頭痛(片頭痛)の原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

片頭痛は突然起こることもあり本当に悩んでいる人はとても多く、日本人の約8%は悩みを持っていると言われています。

 

症状

片頭痛は女性の方が多く、10~20代から悩んでいる人も多いのが特徴です。頭痛が始ると4時間前後続くこともあり、それが数日続くことがほとんどです。そしてこめかみや目の回りが痛みますが、片頭痛の約半数の人は頭の片方だけの症状になります。痛み方はズキンズキン、ガンガンと鼓動関連して痛みが起こっているような特徴があり、また頭痛に伴った吐き気、むかむか。またいつもより光が眩しく感じたり、ニオイに敏感になったりすることもあるのです。

 

原因

原因はまだはっきりと解明されていないと言われています。一つの原因としては三叉神経血管説が深く影響しているようです。何らかのことで、この三叉神経が刺激され脳血管が広がってしまう物質が出るからだろうと考えられています。そしてそのきっかけは生理やストレス、寝不足、人の多いところを歩く、細かいものを見ているときなど本当に人それぞれです。しかし似た症状で間違えられるのが緊張型頭痛で、特に肩こりや首こりが強くなるのが特徴といわれてます。

 

効果的な漢方薬治療と対策

とても痛みが強いときは、つい痛み止めを飲んでしまいますがあくまでもその場しのぎです。やっぱり基本的に改善するには漢方がおすすめです。血行を良くし頭痛、動悸を穏やかにする「桂枝人参湯(けいしにんじんとう)やホルモンバランスも良くする「加味逍遙散(かみしょうようさん)」。また筋肉の緊張をほぐしてくれる、風邪にも効果のある葛根湯(かっこんとう)や、きりきりした痛みを柔らげる釣藤散(ちょうとうさん)もおすすめです。