「平衡感覚」の乱れの原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

平衡感覚が乱れるとやはりめまいという症状が出てきます。そこには重大な病気が絡んでいることもあります。ここでは重大な病気による平衡感覚の乱れについて考えていきましょう。

 

症状

重大疾患というとやはり脳の関係が多く、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍、メニエール病などがあります。症状はそれぞれですが、どれも完全に立ち上がれないような平衡感覚の乱れが起こることもあると言われています。

 

原因

またメニエール病では自分の回りがぐるぐる回るという、ひどいめまいが特徴です。耳鳴りも起こって難聴になることもあり吐き気なども伴います。特にストレスによって起こると言われてますが、起きていられないつらさもあるのです。

また脳梗塞は血液の塊が血管に詰ることで血流が止まり、脳細胞が破壊されてしまう疾患ですが、手足の麻痺や言語障害、ふらつきや舌の絡まりなども残ることもあります。脳出血は高血圧が原因で血管が破れるものですが、言語障害や平衡感覚の乱れが残ることもあります。脳腫瘍も同じように平衡感覚の乱れが後遺症として残ることもあります。これらの疾患は起こる前兆にも、後遺症にも平衡感覚が乱れる経験をする人が多いようです。

 

効果的な漢方薬治療と対策

メニエール病にはめまいに効果のある苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)や、利尿作用の五苓散(ごれいさん)、水毒、めまいに半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)や当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などもおすすめです。他の重度の疾患はまず病院で改善しましょう。