「めまい」の原因と症状・効果的な漢方薬治療と対策

めまいも思わぬ原因があったりするようです。さて、そんな原因があり、どんな漢方が効くのでしょう。

 

症状

めまいもいろいろな原因によって、症状もさまざまですが、とにかく立っていられないほど自分の体が揺れるようなめまいや、また目が回るようなめまいもあります。吐き気が伴ったり歩行困難、立ちくらみなどもおこり、頭痛が伴うこともあると言われています。

 

原因

めまいの原因には大きく分けて耳の異常と脳の異常、目の異常とその他になります。耳の異常では耳石の侵入と言われ、内耳の前庭という部分に耳石が少し入ってしまったことで、めまいを起こすものです。またメニエール病なども考えられ、自分の回りが大きく回るようなめまいを起こすこともあります。

脳の原因は脳出血、脳梗塞、くも膜下などの予兆や後遺症にもめまいが起こると言われています。血圧の関係では起立性低血圧というものがあり、急にたったりすると立ちくらみ、めまいがして立てないときもあるほどです。

 

効果的な漢方薬治療と対策

起立性低血圧症には、めまいや立ちくらみに半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)、起床困難、食欲不振に補中益気湯(ほちゅうえっきとう)などがおすすめです。

脳梗塞、脳溢血などの後遺症には、三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)、大柴胡湯(だいさいことう)、柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう) などが効果が高いと言われています。また同じ疾患でも虚弱体質なら、八味地黄丸(はちみぢおうがん)、七物降下湯(しちもつこうかとう)、釣藤散(ちょうとうさん)などが状態の安定につながります。