クラシエ漢方 防風通聖散料(ボウフウツウショウサンリョウ)エキス錠の効果効能と副作用

クラシエ漢方 防風通聖散料(ボウフウツウショウサンリョウ)エキス錠の効果効能

防風通聖散料は体の熱を冷まし、水分循環を改善して便通を良くする作用があります。

太鼓腹のタイプの肥満の人や便秘がちの人に向く処方であり、便秘、尿量の減少、むくみ、のぼせ、肩こりに対して効果効能があり、また、そういった症状に伴う腎臓病や糖尿病、高血圧症などにも用いられます。

18種類の生薬を元に、発汗作用、緩下作用、解熱、抗炎症作用、利尿作用の4つの効果を併せ持つ事により体内に溜まった老廃物を排出し、食欲を増進するグレリンというホルモンの分泌を抑える働きもあります。

また、エフェドリンやカフェインと類似した物質が豊富に含まれており、体重の減少に効果が高いのですが、防風通聖散料単体だけではなく、食事療法と併用する事で効果が出ます。

全身の下剤という考え方に近く、熱分が過剰であったり体力がある筋肉質の人にとっては効果がありますが、それ以外の人が服用すれば体を悪くしてしまう可能性がありますので、用量、用法を正しく守る事が大切です。

 

クラシエ漢方 防風通聖散料(ボウフウツウショウサンリョウ)エキス錠の副作用

防風通聖散料は、高血圧による肩凝りや動悸、動悸などの諸症状や慢性腎炎、動脈硬化など幅広く効能があります。

副作用としては、痒みや発疹などの過敏症や食欲不振、下痢などの軽い症状から、ホルモン障害の偽アルドステロン症やミオパシー、肝機能障害などを引き起こすケースがあります。

防風通聖散料に含まれる麻黄は、心臓や血管に負担を掛けるエフェドリン類が含まれているので、循環器系患者や既往歴のある患者に使用する時は注意が必要です。