クラシエ漢方 防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)エキス錠Fの効果効能と副作用

クラシエ漢方 防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)エキス錠Fの効果効能

防已黄耆湯は多汗で関節が腫れたり、足がむくんだりする人に対して効果的な漢方です。

防已と黄耆というのは処方を構成する6種類の生薬の主薬であり、防已黄耆湯は2つの主薬の名を取って付けられています。

肥満症、多汗症、むくみ、関節炎などに用いられ、そのような症状を伴う腎炎やネフローゼに対して効果効能があります。

水分代謝を助ける事により、消化吸収機能を整えて自分で水を巡らせる力を生み出してくれるので、余分な水を尿として排泄しながら水太りによる肥満を改善し、むくんだ身体を軽くしてくれます。

筋肉に締りの無い人に有効な漢方であるので、スポーツをしている筋肉質の人が服用をしても意味が無く、体質に合わないため、間質性肺炎や肝臓障害といった副作用の方が問題になる可能性があります。

軽度の場合である副作用は服用に慣れる事で解消される事が殆どですが、重度の副作用が発症してしまった場合はすぐに医師に相談し、指示に従う事が大切です。

 

クラシエ漢方 防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)エキス錠Fの副作用

肥満や汗を多くかく多汗性の方にオススメする漢方薬、防已黄耆湯。

体の水のめぐりを良くして、全身の疲れや鈍痛などを緩和します。

他に女性の悩みであるむくみ、関節に水が溜まることで起きる関節炎にも有用です。

服用しても重い副作用はまずありませんが、配合されている生薬の「甘草」の影響により、血圧が上がることがあります。

「偽アルドステロン症」と呼ばれる症状で、この症状が出る方は長期服用には向いていません。

また肝障害などが出る方がいらっしゃるので、十分注意して使用し、何かあれば行きつけの病院へ診断に行きましょう。