クラシエ漢方 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)エキス錠Fの効果効能と副作用

クラシエ漢方 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)エキス錠Fの効果効能

半夏瀉心湯はみぞおちあたりのつかえ感や吐き気、食欲低下、下痢などの症状がある場合に用いられ、急性及び慢性の胃腸炎、軟便、消化不良、胃下垂などの諸症状に有効です。

7種類ある構成生薬の中で、主薬である半夏は吐き気を抑えるための重要な生薬であり、黄ごんと黄連の組み合わせはみぞおちの張りやつかえをとり、熱や炎症を冷ます働きがあります。

他にも健胃作用や緩和作用のある乾姜、大棗などが加わり、これらが一緒に働く事でより良い効果効能が発揮されます。

体内に熱がこもり易く、胸や腹のあたりに膨満感を感じる人が夏瀉心湯の適応になっており、胃腸症状に活用されるのです。

口は胃腸と繋がっており、消化器官の一部でもあるので胃腸の働きを良くすれば口内炎を改善させる事ができます。

西洋薬との併用やアレルギー体質の場合、不快な症状や副作用が出る場合があるので、少しでもおかしいと思ったらすぐに服用を止め、漢方の専門家や医師に相談がする事が大事です。

 

クラシエ漢方 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)エキス錠Fの副作用

新薬や抗生物質などによる胃腸障害に良く効くとされる半夏瀉心湯は、甘草を加える事で甘草瀉心湯となり、精神不安やイライラなどの精神障害により強い効能を示します。

半夏瀉心湯の適応症としては、消化性潰瘍や神経性胃炎、慢性胃腸カタル等があります。

副作用としては、偽アルドステロン症や低カリウム症、間質性肺炎などが引き起こされる事があります。

又、低カリウム症の結果として、四肢のしびれや四肢麻痺などのミオパシーを引き起こす事もあります。