クラシエ漢方 猪苓湯(チョレイトウ)エキス錠の効果効能と副作用

クラシエ漢方 猪苓湯(チョレイトウ)エキス錠の効果効能

尿路の熱や腫れを引き、尿の出を良くしますが、具体的には残尿感、頻尿、血尿といった排尿異常に効果効能があります。

5種類の生薬から成っており、主薬の猪苓は漢方の代表的な利尿薬であり、水分の循環を改善して尿の出を良くします。

滑石は熱や炎症を鎮める働きがあり、病院では煎じる必要の無い乾燥エキス剤を用いるのが一般的となっています。

漢方薬は人によって体質を見極めて投与する事が多いのですが、猪苓湯の場合は対象とする人の体力に関係なく服用できるという特徴があります。

利尿効果があるのでむくみに最適な漢方薬の1つとして有名ですが、脱水症状を発症した際には体内水分を保持させる効能がある漢方薬としても広く知られています。

泌尿器系のトラブルに異常を感じる人に適応され、膀胱炎など下腹部に熱をこもっている場合は猪苓湯が有効となっていますが、抗菌作用はそれ程強くないので、炎症が強い場合は効果が薄くなってしまう可能性があります。

 

クラシエ漢方 猪苓湯(チョレイトウ)エキス錠の副作用

猪苓湯は尿が出にくくなったり、尿量が減少したり、残尿感があったり、排尿時に痛みを感じる人向けに処方される薬ですが、副作用もあります。

主なものとしては、発疹、発赤、かゆみ、胃部不快感などです。

このような症状が出た場合には、担当の医師または薬剤師に相談する必要があります。

以前にこの薬を服用してアレルギー症状が出たことがある人や、妊娠または授乳中の人、他に使用中の医薬品のある人は、事前に必ず担当の医師と薬剤師に申し出る必要があります。