クラシエ漢方 釣藤散料(チョウトウサンリョウ)エキス錠の効果効能と副作用

クラシエ漢方 釣藤散料(チョウトウサンリョウ)エキス錠の効果効能

釣藤散料は高血圧や動脈変化に伴う不眠、肩こり、めまい、頭痛、抑うつなどに用いますが、慢性的な頭痛や頭重感に特に効果効能が高く、起床時から午前中にかけて頭痛が発症するような時に良いとされています。

中年期以降になると肝が衰え始め、疲労感、悪心、嘔吐、痰が増え、肝の病態が見え始めてきます。

それによって生じる各症状に繁用されています。

11種類の生薬から構成されており、名称の元となっている釣藤鈎は沈静や鎮痛作用を持ち、自律神経の興奮を鎮めたり痙攣による震えを止めます。

菊花は目の充血や頭痛を和らげ、人参、甘草は消化吸収を助け、機能を高めます。

半夏、陳皮、生姜は消化器内の水分停滞を取り除く作用があります。

副作用としては発疹、発赤、痒みの他に食欲不振や胃部の不快感があり、稀に重篤な症状に発展してしまう場合もあるので、その様な症状が現れた時は直ちに服用を止めて医師や薬剤師、または漢方の専門家に相談してください。

 

クラシエ漢方 釣藤散料(チョウトウサンリョウ)エキス錠の副作用

釣藤散料は、漢方の古典といわれる「類証普済本事方(ルイショウフサイホンジホウ)」に紹介されている漢方薬です。

体力中等度の人で、耳なり、めまい、肩こり等がある慢性頭痛や神経症、高血圧の傾向がある症状に効能があります。

重い副作用はあまりありませんが、万が一に備えて注意は必要です。

考えられる症状は、皮膚の発疹・発赤、かゆみ、食欲不振や胃部不快感です。

これらの症状があらわれたときには、医師や薬剤師、登録販売者に相談してください。