クラシエ漢方 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)エキス顆粒の効果効能と副作用

クラシエ漢方 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)エキス顆粒の効果効能

苓桂朮甘湯の効果効能として挙げられるのは、めまい、ふらつき、立ちくらみ、動悸や息切れ、頭痛、神経症や排尿が困難といった症状に効き目があるとされています。

特に、体内の水分や代謝異常である状態である水毒に効果があります。

苓桂朮甘湯には、茯苓、桂枝、白朮、甘草といった生薬が含まれており、これらの生薬の成分や効果も期待することが出来ます。

漢方はすぐに効き目があるものではなく、ある程度の期間、服用を続けないと効果が現れないのが特徴です。

その分、副作用はあまり無いのが特徴ですが、服用した際に発疹やかゆみ、手足のしびれやむくみといった症状が出た場合には使用をやめて、医師や薬剤師に相談することが重要です。

また、高血圧や心臓病、腎臓病の方、妊婦や授乳中の方、ほかの薬を服用している方は、漢方の効果が強く出すぎるといった副作用が生じる場合もあるので、出来るだけは服用を控えるか、医師などに相談してから服用することをおすすめします。

 

クラシエ漢方 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)エキス顆粒の副作用

めまいや立ちくらみの症状、動悸・息切れ、のぼせといったものから、頭痛や神経症、尿量減少などを改善させるための漢方薬である苓桂朮甘湯ですが、大量服用により稀に副作用が出ることもあるので注意が必要です。

症状としては、服用することで胃のむかつきや、軽い吐き気、食欲不振といった症状が出る場合もありますが、あまりにも辛い場合は医師に相談しましょう。

また稀に重い症状が出てしまう場合もあります。

他の漢方薬といっしょに飲用した場合「偽アルドステロン症」による、だるさや手足のしびれ、ふるえ、むくみ、血圧上昇などといった症状が出てしまう場合もあるので、その場合は直ちに医師による診断を受けるようにしましょう。