クラシエ漢方 ヨクイニンエキス顆粒の効果効能と副作用

クラシエ漢方 ヨクイニンエキス顆粒の効果効能

クラシエのヨクイニンエキス顆粒はハトムギから抽出されたエキスを主成分として作られています。

その効果効能として、いぼや皮膚の荒れの改善があげられます。

イボはウイルスの感染が原因で皮膚の角質が増殖して出来るものが多くありますが、ヨクイニンには免疫機能を活性化する作用や炎症を抑える作用などがあるため、こうした作用がイボを徐々に小さくしていくものと考えられています。

しかしこの効果の発揮の仕方には諸説あり、どのような作用によってウイルス性のイボに効果を示すかは、完全には解明されていないところです。

また、抗酸化作用や抗炎症作用なども持つため、肌荒れにも効果があるものと考えられています。

これは内服することによって皮膚を保護してくれる皮脂の量やセラミドの分泌量が増えることが期待されています。

これによって皮膚のバリア機能を回復させる効果を持つためアトピー性皮膚炎や乾燥肌に対して改善効果を持つと考えられています。

 

クラシエ漢方 ヨクイニンエキス顆粒の副作用

ヨクイニンは、ハトムギの種子から有効成分を抽出したもので、古くからイボや肌荒れに効果がある生薬として使われています。

イボはウイルス感染により皮膚の角質が増殖しておこる為、他の部位に広がりやすい性質を持つので注意が必要です。

ヨクイニンは天然成分ですが、稀に副作用を発症する場合があります。

蕁麻疹、発疹、胃の不快感、下痢などです。

特にお腹がゆるくなったり、下痢になったりするのは、服用開始時に多い症状と言われています。