クラシエ漢方 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)エキス顆粒の効果効能と副作用

クラシエ漢方 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)エキス顆粒の効果効能

「半夏厚朴湯」は、漢方薬の一種で、不安症状に対して効果効能があります。

不安症状でのど何か詰まっている状態が取れない方、パニック障害、動悸や吐き気など精神からくる身体症状に向いています。

不安神経症や心身症をはじめ、うつ病や不眠症にも補助的に使用されることも多いです。

半夏、茯苓、厚朴、蘇葉、生姜の5つの生薬から配合されており、これらが組み合わされることにより、効果が期待です。

鎮静作用、去痰作用、健胃作用もあるので、咳や痰、胃炎や妊婦のつわりにも効果があります。

適応体質は、虚弱~中等度の体力を持った方に向いています。

効果の強さは、もちろん個人差によりますが、半夏厚朴湯は、即効性はなく、穏やかに症状を和らげます。

ゆっくりと穏やかに効くので、長期的に諦めずに服用することが大切となります。

不安症状で悩んでおられる方は、自己判断せずに、医師や薬剤師などの専門家に相談して、自分に合う体質の漢方薬を見てもらう事が大切です。

 

クラシエ漢方 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)エキス顆粒の副作用

気分が落ち込んで、何もできない。

ご飯を食べるとき、ゴロゴロした異物感があるけど、診断してもらっても何もない、そんな方の気分をリラックスさせ、神経を静める漢方薬の半夏厚朴湯。

パニック障害などの症状にも使用され、「半夏」・「厚朴」は喉につかえる不快感や咳などを緩和することで、精神的に心を落ち着ける作用があります。

副作用としては服用後の発疹や蕁麻疹、軽い吐き気など、人によっては食欲がなくなる可能性も秘めています。

飲み続けるとなれる方もいらっしゃるので、辛い時に服用をやめるなど判断しながら飲むといいでしょう。